男性ホルモンと大人ニキビの関係

大人ニキビはストレスからも

ストレスは大人ニキビの原因の1つとされています。
しかしなぜストレスがいけないのか、よくわからないままストレスを放置して化粧品でのニキビケアばかり実践している人も少なくありません。
ここではストレスと大人ニキビの関係についてきちんと考えてみようと思います。

ストレスが男性ホルモンを多くする

いまの日本はストレス社会ですが、職場の人間関係や上がらない売上、優れない体調などストレスの原因となるものがたくさんあります。
常にストレスがかかっている状態は人間にとっては異常な状態。
そんな異常な状態に対応するために分泌されるのがコルチゾールというホルモンです。
このホルモンがストレスに負けない強い抵抗力の源なんですが、ただ分泌される場所が問題です。
コルチゾールが出る場所は副腎皮質なのですが、男性ホルモンもここから分泌されるからです。
そのためコルチゾールが出ると男性ホルモンも刺激されて、分泌量が増えてしまうと考えられています。

脳みそを狂わせるストレス

脳みそはストレスにそれほど強くありません。
過剰なストレスは脳のホルモンバランスのコントロール機能をも狂わせます。
脳が出させる各種のホルモンが手足や自律神経などの状態をコントロールしているのですが、強いストレスはその命令を出す視床下部そのものを狂わせてしまうのです。
そのためホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの過剰分泌に繋がってしまうと考えられています。

自律神経と視床下部のダブルパンチ

脳みそでホルモンバランスをコントロールする視床下部は、自律神経もコントロールしています。
そのため強いストレスを受けるとホルモンバランスの乱れと自律神経の乱れが同時に起こると考えられています。
自律神経が乱れればホルモンバランスは回復しません。
ニキビケアには最悪な状態がそろってしまうわけです。
ストレスが大人ニキビの原因となる理由がわかっていただけましたでしょうか?

ストレス対策で大人ニキビケア

ストレス対策は一番最初に取り組まなければならない大人ニキビケアの1つです。
大人ニキビを作らないようにするには、ストレスが少ない生活を送ることが大切になってきます。
まずは職場の人間関係を見直したり、運動やスポーツなどのストレス発散手段を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?