大人ニキビになったら無添加化粧品に切り替えて

大人ニキビができるのはあご周りのフェイスライン

大人ニキビは女性ホルモンが相対的に低下し、男性ホルモンが相対的に多くなっている時にできやすいと言われています。
男性だとヒゲが生えるあご周りのラインにできるのが大人ニキビの特徴で、これは活発になった男性ホルモンと、生理時期に多い黄体ホルモンの影響だと言われています。
黄体ホルモンは男性ホルモンと似た働きをするため、ヒゲが出来るフェイスラインの皮脂分泌が活発になってしまうようなのです。
女性にとってもお化粧に大きく影響する場所なので気になりますよね。

まずはコスメを無添加化粧品に切り替えよう

ニキビケアの観点から言うと、フェイスラインの大人ニキビは早めの対処が大切。
まずはコスメを通常のものからニキビケア専用のものへと切り替えましょう。
ニキビができた肌は全体的に肌荒れを起こしていることが多いため、専用の化粧品でスキンケアすることが大切なのです。
もちろん普段からニキビケア化粧品を利用している方や、刺激の少ない敏感肌化粧品、無添加化粧品を利用している方は大丈夫です。

女性はニキビを隠したい

女性の多くはニキビができたら治す以前に、とにかく目立たせたくない、隠したいと思う方が多いです。
そのためこの基礎化粧品の切り替えは何よりも先に行って下さい。
刺激が少ない無添加化粧品は効果が弱いものが多く、いつもの化粧品と違うので戸惑うかも知れませんが、お肌の状態そのものがいつもの状態と違うのです。
少しでもメイクで隠したいという気持ちがニキビや肌荒れを悪化させるのは、なんとしても避けていただきたいと思います。

ニキビは自然に収まるのか?

コスメを低刺激の無添加化粧品などに切り替えたら、次は市販薬の出番です。
ニキビを治すために一番有効なのは病院での治療ですが、それによってお化粧やお肌のスキンケアができなくなったりするのは女性は避けたいところです。
そのため頼りにするのが市販薬というわけです。
もちろん食生活を見直したり、睡眠時間を確保したりといったことで自然治癒力が高まり、治る可能性もあります。
また生理期間を過ぎれば、黄体ホルモンや男性ホルモンの分泌も収まるので、自然に治ってきたりします。
ただしニキビは悪化させるとニキビ跡になって残ってしまうので注意が必要。
無理に潰せば確実に跡が残ってしまうので、毎回なるようでしたら最低限、皮膚科を受診してアドバイスをもらいましょう。