ニキビ肌を美しくするなら美顔器などのサポートも

病院はニキビ跡までケアしない

赤く腫れて大きくなる前にニキビには適切なスキンケアを施しましょう。
ニキビは悪化してしまうと、治った後に大きなクレーター状のあばたを残してしまいます。
病院で治療してもらっても、クリニックではにきびを治すことが施術の中心です。
治った後のスキンケアまでは専門外なのです。
こういうのは皮膚科でニキビを治すのは、いまでは当たり前のことになったから。
治ることが前提なので、その後のケアが大切になるのです。

ニキビは治る!その後が大事

最近の皮膚科での治療は、外用レチノイドという世界標準治療薬が用いられるようになりました。
以前は初期のにきびにしか効果がないイオウ製剤しかぬり薬はありませんでした(代表がクレアラシル)。
しかし最近はレチノイドというビタミンA誘導体が厚生労働省から認可されています。
この薬はできてしまったにきびにも効果を発揮してくれますし、さらに角質細胞の生成をも抑えてくれるのです(代表がディフェリンゲル)。
さらに以前からある抗生物質の飲み薬やぬり薬も抗菌と炎症の沈静化に効果を発揮してくれます。
このようににきびは既に治る病気になっているのです。

ニキビ跡を残さないためのスキンケア

にきびが治ることは最近では常識になっていますが、治った後に大きなニキビ跡が残ってしまっては元も子もありません。
女性も男性も醜い外見が嫌でニキビを嫌っているのです。
彼らはお肌を美しく保ちたいのであって、ニキビ(病気)が治れば跡は残っても構わない、とは考えていません。
そのためもしも治療後のニキビ跡を気にするのであれば、単純な皮膚科の治療だけに頼るのではなく、美容皮膚科、メディカル・エステのチカラも借りるのが良いと思います。
ものによってはイオン導入器美顔器も効果を発揮してくれるようですよ(参照:美顔器のランキング)。

イオン導入器美顔器でターンオーバーを活性化

メディカル・エステで利用されているイオン導入器という美顔器は、ニキビ跡を薄くするのにも効果を発揮すると言われています。
これはビタミンCなどの栄養をお肌の奥へと導入して、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を活性化するから。
単にニキビを治すのではなくて、治った後の美しい肌まで考えるなら、美容機器のチカラを借りるのも手かも知れません。