大人ニキビに悩む女性のためのスキンケアマニュアル

女性の大人ニキビはなぜできる?

大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビと思春期ニキビは出来る場所も違います。
これから女性の大人ニキビについて考えていく上で大切なのは、思春期ニキビと大人ニキビの根本的な違いです。
ニキビケアを考えていく上で重要な、この2つのニキビの違いについて簡単にまとめてみたいと思います。

成長期の思春期ニキビは額に出来る

思春期ニキビは主に額や頬に出来ます。
野球の甲子園で球児たちが額に真っ赤なニキビをたくさん作っているのを見たりしますよね。
あれはTゾーンと呼ばれる額から鼻筋にかけてのラインが皮脂分泌が活発だからです。
思春期ニキビの特徴は皮脂の過剰分泌にあるので、額や頬にたくさんの赤いにきびができるのです。

大人ニキビはあご周りにできる

一方で大人ニキビはアゴや頬の周りのフェイスラインにできます。
特徴的なのはこれが男性のヒゲが出来る場所だと言うこと。
大人ニキビの出来る場所はアゴのラインと一致するのです。
その理由は、大人ニキビの原因がホルモンバランスの異常による過剰な皮脂分泌ではなく、男性ホルモンの多い分泌と相対的に弱った女性ホルモンにあるからなのです。

女性が大人ニキビになる理由

女性の大人ニキビも男性ホルモンが原因

このアゴのラインにできる大人ニキビは女性でも同じです。
男性ホルモンが大人ニキビを引きおこす原因であることは広く認められていて、にきびに悩む女性の多くが男性ホルモンが通常の人に比べて多くなっていると言われています。
統計的にも約4割のニキビ患者が、血液中の男性ホルモンが増加しているという優位なデータが得られています。

女性の中の男性ホルモン

一般に女性には男性ホルモンがないと思われていますが、実は女性も男性ホルモンを分泌しています。
しかも女性の特徴的な臓器である卵巣からです。
女性は卵巣と副腎皮質から男性ホルモンを分泌しているのです。
しかも卵巣からは男性ホルモンだけでなく、「黄体ホルモン」も分泌されています。
この黄体ホルモンは女性ホルモンなのですが、男性ホルモンと似た働きをすることが知られています。
卵巣からはその他に「卵胞ホルモン」という女性ホルモンが分泌されていますが、こちらはニキビとは直接関係がありません。
この二種類の女性ホルモンが生理の周期をコントロールしているのです。

生理前の黄体ホルモンが皮脂分泌を過剰にする

そして黄体ホルモンは生理の時期に多くなることがわかっています。
黄体ホルモンは男性ホルモンのように皮脂の分泌を活性化させてしまうので、生理前になると女性はニキビが出来やすくなるのです。
これが女性が大人ニキビになってしまう理由です。
そのため大人のニキビケアはこの女性の中の男性ホルモンのコントロールが重要になってくるのです。

最新記事

参考・引用元

  • 人気の結婚相談所

    綺麗になったら結婚!なんて女性も多いのではないでしょうか?こちらでは結婚に関する情報が収集できます。